上尾市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気に関する豆知識」

逆ギレする浮気夫をギャフンと言わせる証拠5選

夫の浮気を疑ったとき、とっさに「あなた浮気しているでしょう?」と聞いてしまうのは得策ではありません。

もし本当に浮気をしていたとしても、「浮気なんかしてねーよ!」と逆ギレされてしまい、それ以上本人から何も聞けなくなってしまうばかりか「浮気を疑われている」事実を知ってしまった夫は、より浮気がばれないように慎重になり証拠を隠してしまうでしょう。

そんな逆ギレする浮気夫が、ぐうの音も出せずぎゃふんを言わせられる証拠5選を紹介したいと思います。

 

  • 動かぬ証拠は「肉体関係を証明する写真や動画」

一番効果的で、他の証拠をすっ飛ばして効果を発揮するものは、浮気相手と肉体行為があったという証拠になる写真、または動画です。

けれど実際に行為を行っているところ抑えるのは中々難しいので、夫と浮気相手がラブホテルなどに入っていく、または出てくるところを抑えた写真が効果的です。

「ホテルには行っただけで行為はしていない」なんて逆切れする夫も居るかも知れませんが、裁判上では性的行為を行う為の場所に行った=肉体関係があった。と判断されるので、もしその場を写真に収められれば動かぬ証拠となります。

 

  • 夫または浮気相手本人の「自白」

これもまた決定的証拠になるひとつ。けれど、バカ正直に自白してくれる夫はいません。例えば夫が浮気相手と電話をしている現場の音声をテープレコーダーなどで録音し、証拠とすれば効果があります。

ただし、この場合はただ電話しているだけでは「仕事の相談をしていた」などはぐらかされる場合もあるので、確実に不貞行為を行っているとわかる内容でなければいけません。

 

  • 相手とのメールやLINEの画面

浮気相手とのメール画面やLINEの画面も決定的証拠になります。この場合気をつけたいのは「でっち上げ」と言われないために、誰が誰に送ったものなのかと、日時がわかるように保存すること。またその内容から肉体関係があったことを判断させる文章が入っていることが大切です。

また、この証拠を使う場合に大切なのは、メール本文等をプリントアウトすることはせず、そのメールやLINEの画面を直接写真に収めることが大切です。プリントアウトしたものだけだと、後に「本文を改ざんされている」と夫に反論する余地を与えてしまうので注意が必要です。メール本文を撮影したものとプリントアウトしたもの両方を用意出来れば完璧でしょう。

 

  • ホテルのレシート

浮気相手と行ったであろうホテルのレシートや領収書を見つけることができれば、これも確実な証拠の1つになります。こちらは、1番目の写真と同様「ホテルに行っただけで行為はしていない」と言い訳をされたとしても、妻との利用でなければ「浮気相手と肉体関係があった」と考えられるため、決定的証拠とすることが出来ます。

 

  • 浮気相手との性行為中の動画や写真

これは、見るのも嫌という人も多いかもしれませんが、何も言い訳できない証拠の1つです。妻にバレたら終わりという状況下だとしても、その場の気分の高まりで撮影してしまう男は実は多いものです。浮気相手と不貞行為を行っていますよ〜という決定的証拠になるので、これを提示されてしまうと認めざるを得なくなります。

この証拠で気をつけたいのは、浮気相手だけを撮影したものだと「AV女優だよ」「ネットから拾った」などと言い訳されてしまう可能性があるので、夫も写っているものか、夫と行為をしているとわかる内容の動画である必要があります。

また、ツーショットなどの写真では、服を着ている状況だと決定的証拠にはならないので「二人が裸で写っている」等の肉体関係を示すものである必要があります。

 

この5つからわかるように、どの証拠でも大切なのは「浮気相手と肉体行為があったとわかるもの」であることです。それ以外の証拠だけだと、状況証拠のみになってしまい、確実な証拠としては扱えなくなってしまう場合があります。

また、これらの証拠を一人で集めるのはなかなか難しく、また逆ギレをするような夫であれば妻に危害が及ばないとも限りません。自身のみで難しいと思ったら、探偵などの専門機関に以来するのが確実な方法になるでしょう。

浮気調査のトータルサポート

調査項目

Contents


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所上尾市相談窓口

Copyright © 2018 女性専門の探偵事務所上尾市 トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.