上尾市 トラスト・アイ総合探偵事務所「浮気に関する豆知識」

キスしただけ、ハグしただけで、浮気と言えるの?不貞行為の定義を簡単にご紹介

結婚をしている相手に浮気をされた場合には、慰謝料を請求することができます。

つまりここで言う浮気とは不倫のことです。そして、慰謝料を請求するために確実に必要になってくるのが不貞行為の証拠です。

それではそもそも不貞行為とは何かということになるのですが、単刀直入にいうと不貞行為とは貞操義務違反のことで、肉体関係を持つことになります。

言い換えると、肉体関係がなければ貞操義務違反にはあたらず、慰謝料請求することができないということになります。

つまり、キスをしただけやハグをしただけでは不貞行為にはあたらないということになるわけです。

 

但し、キスやハグも浮気には該当します。

不貞行為がなく、慰謝料を請求することはできないからといって、浮気ではないとは言えないわけです。

 

それではどのような状況であれば不貞行為があったとされるのか。

例えば、ラブホテルに二人で入った場合。

この場合は、いくら当人同士が実際にホテルには入ったが何もしてないと主張したところで、ラブホテルに入って何もしていないというのは無理があります。

中で何が行われたのかは容易に想像がつくからです。

この場合は不貞行為があったと判断されます。

風俗は不貞行為?

それでは不貞行為であれば風俗は該当するのか。

これは、不貞行為とみなされません。但し、風俗に行っていることが判明し、風俗に行くことを辞めるように懇願したが、そのあとも風俗に通い続けているという場合については、不貞行為ではなく婚姻を継続し難いということで離婚請求はできます。

 

また不貞行為として慰謝料を請求する場合には、夫婦の関係が破綻していないという条件が必要になってきます。

つまり、もともと夫婦が破綻状態(長期間別居しているなど)にあった場合には、肉体関係があったとしてもその行為自体を不貞行為として慰謝料請求することは困難になります。

不貞行為はあったが、その不貞行為が原因となって夫婦間が破綻したわけではなく、その不貞行為が行われる前から夫婦関係は破綻していたという解釈になるわけです。

このように不貞行為という言葉の意味だけを考えた場合には、単純に肉体関係を持つことと答えることはできるのですが、その不貞行為が行われたときの状況によっては慰謝料請求ができるかどうかは変わってくるわけです。

浮気調査のトータルサポート

調査項目

Contents


cookieについて

探偵業登録 埼玉県公安委員会 第43150035号
運営管理:トラスト・アイ総合探偵事務所上尾市相談窓口

Copyright © 2018 女性専門の探偵事務所上尾市 トラスト・アイ総合探偵事務所 All rights reserved.